TuroがシリーズDの資金調達で9200万ドルを発表

旅行 は本日、サンフランシスコを拠点とする会社がシリーズDの資金で9,200万ドルを調達したことを発表しました。

ピアツーピアのカーシェアリング市場では、ダイムラーとSKホールディングスが投資ラウンドを主導し、Liberty MutualStrategicVenturesとFoundersCircleCapitalも資金調達に参加しました。オーガストキャピタル、カナンパートナーズ、クライナーパーキンス、GV、トリニティベンチャーズ、シャスタベンチャーズなどの既存の投資家も、最新の資金調達ラウンドに参加しました。



新しい9,200万ドルの投資により、Turoの総資金は最大1億9,300万ドルになります。この新しい資金調達は、海外への拡大と、市場の両側での顧客体験の向上に焦点を当てます。



シリーズDの発表に加えて、TuroはドイツのピアツーピアカーシェアリングリーダーであるCrooveをDaimlerから買収しました。この買収により、Turoは米国、英国、カナダの拠点からドイツに、さらにはヨーロッパ全体にすぐに拡大できるようになります。

車の所有と旅行に対する態度は急速に変化しています。 SKホールディングスのCEO、ドン・ヒョンチャン氏は、韓国を代表するカーシェアリングサービスであるSoCarと、今年末にローンチするSoCarMalaysiaへの投資を通じて、これらの変化を直接目にしたと語った。 Turoはこれらのトレンドを加速し続けると確信しており、Turoがアジアに進出するのを支援することを楽しみにしています。



Turoは、過去2年間で大幅な成長を遂げ、登録数と車両リスト数が4倍になりました。 Turoには現在400万人以上のユーザーと17万台の車がリストされています。これらのユーザーのうち100万人が過去4か月間に参加しました。韓国を拠点とするSKホールディングスは、東南アジア市場への参入方法についてもTuroにアドバイスします。

TuroのCEOであるAndreHaddadは、Daimler、SK Holdings、Liberty Mutual Strategic Ventures、FoundersCircleCapitalをTuroファミリーに迎えることを誇りに思います。この印象的な戦略的投資家の名簿は、既存の投資家と協力して、世界の10億台の自動車をより有効に活用し、急成長しているピアツーピアカーシェアリングスペースのグローバルリーダーとしてTuroを確固たる地位に置くというTuroの使命を推進しています。

DaimlerCASE組織のCFOであるJan-MichaelGraefと、SKHoldingsのポートフォリオ管理担当副社長であるJunghoShinがTuroの取締役会に加わります。



Turoは、地元の車の所有者が自分の車をリストできる市場であり、見込み客は次の冒険に適した乗り物を見つけることができます。このサービスでは、テスラからメルセデスまで何でも見つけることができます。

Kategori: ニュース